アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
BETA STYLE
ブログ紹介
いつまでたっても未完成(=β版)な管理人のベタな日記。
本読みサラリーマンもよろしく。
zoom RSS

りんご算

2008/08/11 22:52
困ってます。ぜひ、お知恵を拝借したく。

ドラマ「太陽と海の教室」で、微分・積分をトマトで説明しようとしていたら、トマトが宇宙になってしまうというくだりがありました。

その数日前、カミサンから似たようなことを聞かれたんですよ……。

「どうしてマイナスとマイナスを掛けるとプラスになるの? りんごで説明して」

り、りんごですか?!

B'zの曲の歌詞に「マイナスをかけあわせてプラスにしてしまえ」という歌詞があり、それがどうしても理解できないんだとか。

一週間考えたんですけど、上手い説明が思いつきません。
会社でも何人かに聞いてみたんですけど、最近はかなり忙しいので、「邪魔すんな」って感じです。

とりあえず、今のところは

「日本語でも『ないことはない』って結局『ある』ってことだよね。そういうこと」

なんて、まるで説明になっていない説明でごまかしてますけど、いずれ「やっぱりわからない」と言われそうなので、誰かいい説明を教えてください。

良回答には20pt.差し上げますので。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


まぐれじゃない

2008/08/04 00:01
先日、会社のイベントで数年ぶりにボーリングをしました。

そこでまたまた出ましたよ、3年ぶり2度目の200オーバー!
×××9/9-×××9/6-で208でした。2回目ともなれば、まぐれじゃないでしょ?

で、すごいのはこれから。
なんと、2ゲーム目はやっとこさで100点オーバーでした。この落差、なによ。
よくよく思い出してみると、前回200オーバーを出したときも、2ゲーム目は100ちょっと。

1ゲームでターキーを2回出してるので、14球しか投げてない。それでも崩れる足腰。いくら何でもひどすぎるね。体力ないくせに、一球投げるのに力を使いすぎるんだろうなぁ。

ちなみに、ボーリングなんて何かのイベントでもないとやらないので、せいぜい1〜2年に1回程度ぐらいのペースです。そのたびに「どうやって投げるんだっけ?」みたいな状態になっているので、数年後のために自分用のメモ。

1.右手がレーンの中心になるような位置に立つ。
2.ボールを前に突き出す。その重さを利用して肩を支点とした振り子運動を作り出し、そのまま投球。
3.球筋が素直すぎてスプリットの危険が高いので、ほんの少しだけ力を入れてブレ玉にする。
4.ボールを投げる瞬間より、フォロースルーを意識。親指をまっすぐ上げるイメージ。
5.投げるときは胸を張る。(忘れていたポイント)
6.体力温存のため、低重心もほどほどに。(今回の新ポイント)
7.↑の全てのチェックポイントを意識して、実際に投げる前にイメージで投げる。(次から意識したいポイント)

1〜4は結構覚えていられるので、5〜7を忘れないようにしよ。

そうそう、大事なのを忘れてた。

8.一緒のレーンの人がストライクやスペアを出したら、一緒になって喜ぶ。

嫌なんですよ、お互いの投球に対して「たおれるなー!」って呪いをかけあうのは。
「人を呪わば穴二つ」って言うじゃないの。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


通信簿

2008/07/28 00:07
ブログ通信簿なるものが流行の兆しらしいので、ひとまずやってみました。

画像


そ、そ、そんなトシじゃないやい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


怪しい教材?

2008/07/11 18:00
ども、ダイスケです。
今回は「あなたもいままでの10倍速く本が読める」です。

あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める神田 昌典

フォレスト出版 2001-09-19
売り上げランキング : 490
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あっ、ブログが違うって?

あちらのブログで紹介した「王様の速読術」と一緒にこの本も借りました。結構しっかりと説明が書かれていて、王様の速読術では説明が簡単すぎてわからなかった部分が補完できて良かったんですけど……

とにかく、怪しい。

頭の中で警報が鳴りっぱなしでしたよ。
「10倍も速く本が読める」とか、「見開きを2秒で右脳に写しこむ」とか言われたら、真っ先に感じるのは

「ほんまかいな」

なんですけど、さらに

「私はフォトリーディングのおかげで、○○ができるようになりました」
「人生がすっかり変わったのはフォトリーディングのおかげだ!」

みたいな成功事例が次々と襲い掛かってくるんです。こっちの寒さに対して、本が熱すぎ!
油断すると、高価な教材やセミナーなんかでお金を巻き上げられちゃうんじゃないか、なんて思ってしまいます。

まぁ、内容自体は良いので、速読に興味があるならオススメできますよ。
そもそも、成功事例集なんてものは、スキミングで飛ばされるべき80%ですしね。

以上、こぼれ話でした。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2


2008/07/05 00:08
最近、激しく考え事をしていたんですよ。
-----
カミサンが新しい制汗剤を使い始めました。
関心空間: CLINIQUE Antiperspirant-deodorant roll-on

クチコミで見つけた評判の品らしく、実際に使ってみても効果がバツグンだったらしい。脇に全く汗をかかなくなったので、服選びの選択肢が増えたとご満悦の様子。

理系人間としては、制汗剤のおかげなのか、たまたま汗をかかない日が続いているのかわからないので、「片側だけつけてみてよ」とお願いしてるんだけど、実験には協力してもらえない。

しかし、汗はかかないけど脇のあたりが熱っぽくなると言っているので、体温調節機能を阻害するほどの制汗作用があるらしい。

この制汗剤を全身に塗りたくったら、体中が熱くなって、犬みたいに舌を出して「ハッハッハッ」とかし出すんだろうか。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


すでにmixi日記2年分

2008/06/18 01:03
これが14件目の投稿。

たしか、mixi日記を使っていた頃は2ヶ月に1件ぐらいのペースだったので、すでに2年分も書いたことになります。それが2ヶ月足らずで14件とは、仕事中に書いていたサボリーマン時代のペースかもしれない。

って、まるでマジメに仕事してるみたいなこと書いてますが、ここ数年は意外にもボチボチやってますよ。

-----

「上り坂と下り坂、どっちが多いでしょう?」
「んー、どっちだろう。わからないなー」
「答えは”同じ”でしたー。上り坂も反対向きに進めば下り坂だもんねー」

という脳内会話に対し、

「一方通行の坂道はどうすんねん!」

とツッコミを入れる、もう一人の脳内の住人を発見。

ツッコミ役は、やはり関西弁でした。

-----

新たな時間泥棒がやってきました。

マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)
マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)
任天堂 2008-04-10
売り上げランキング : 19
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近は帰りが遅い上に、家でいろいろやらないといけないことがあって、あんまりできません。おかげでカミサンと実力の差が開くばかり。

これムズイって。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ネガティブ・パテント

2008/06/15 14:59
ネガティブキャンペーンってありますよね。
選挙なんかで相手を貶めるような情報を流して、自分を有利にする戦術です。

勝負の世界は、時に相手を蹴落としてでも一番を取りに行かなければならない、非情な世界なんですねぇ。

さて、近所にマ○ドナルドとその斜向かいに□ッテリアがある一角があります。余所は知りませんが、ここは完全に"勝負あった"感が漂っていて、ちょっとカワイソウな気持ちになる場所です。
余所でも同じかな? CMを打ってる数も全然違いますしね。

もし私が□ッテリア側の人間だとして、なりふり構わず相手を蹴落とす方法を考えてみました。

古い都市伝説を聞いたことがありますが?
牛肉に食用ミミズを混ぜているという、ミミズバーガーのウワサ。

今時信じている人はいないと思いますが、もし信憑性が高まったとしたら、食品を扱う企業としては致命的ですよね。そこをつついてみます。

(1) 「日木マクドナノレド」みたいな、見間違えそうな怪しい名前の会社を作る。
(2) 牛肉とミミズを混ぜてパティを作るためのアイディアを考える。
(3) (1)の社名で(2)のアイディアを特許または実用新案として出願する。権利化できなくてもいいから数多く出す。
(4) 出願した特許や実用新案が公開されるのを待つ。
(5) ネット上の各所でネタにして「やっぱり使ってるんじゃない!?」と煽る。

やっぱり(1)の社名がすぐにバレますかね。

ちょっと調べてみたんですが、ミミズ以外にもいろいろウワサがあるようですね。
しかも牛肉を使うよりミミズを使う方が体に良いとは知らなかった。

(2)の過程ですごく良いアイディアが見つかったら、素直にそれを売り出す方が流行るかもしれない。
……無理か。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

BETA STYLE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる